副作用を考えるとき

副作用が怖い理由には

「その場では白黒はっきりわからない」って事があります。

たとえば、一口食べてみて
すぐに下痢になるようならこんなにわかりやすい事はありませんが
実際はそうじゃないですよね。

特段体に変調を感じないまま年月がたって
突然牙をむくのが副作用の怖さです。

ごく最近も、有名な化粧水を数年使ってから突然肌にシミができたような
被害が多数報告されたとニュースになっていましたよね。
美しくなりたい女性にとって ありえない副作用ですが
これって他人事じゃないと思うんですよね。

だって私たちは毎日多くの市販品を使い、口にしていますもの。

普通の感覚で言ったら、一瓶使って問題なかったら
問題なんてないんだって感じますよね。

でも、実際はそうではなくて、何年間も蓄積したあげく
あるひ突然症状がでることもあるということです。

副作用を避ける第一歩は、自分の口にするものに関心を持つってことなんじゃないかなと
思います。
副作用と言う事にアンテナを張り、自分で選んだ
安全なサプリや食品を食べて言って
なるべくリスクをへらしていけたらいいなと思うわけです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>