ニキビに効くとされるビタミンC|効果と副作用について

ニキビにはビタミンCが鉄板の治療法といわれています。
私もそう思っていました。
が、一口にビタミンCといっても、
市販されているビタミンCの中には効果的なものとそうでないものがあるようです。
また、副作用というか、ビタミンCにはデメリットもあるということが分かりました。

ニキビに効くとされるビタミンCの効果と副作用についてご紹介していきます。

ビタミンCの効果とは。
ニキビは皮脂の過剰な分泌によってできます。
皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に詰まってしまうと
呼吸できなくなった毛穴の中はアクネ菌にとって好都合。
アクネ菌は毛穴の中で皮脂を餌に増えていくことでニキビになっちゃいます。

ビタミンCはニキビのもともとの原因になる皮脂の分泌を抑える効果があるんです。
なので、ビタミンCを使うことでニキビをできにくくさせることもできます。

ニキビに効果的なビタミンCって?
ニキビにはビタミンCが効果的なことはわかりましたが、
種類によっては効果的でないものもありました。
というのも、ビタミンCがお肌に入っていかないと意味がないし、
なによりビタミンCは空気に弱いんです。

ビタミンCって空気に触れるとすぐに酸化しちゃいます。
酸化したビタミンCなんていくら塗ったって効果がありません。

というわけで、開発されたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はビタミンCを加工して作られています。
ビタミンCをそのものの成分をお肌の内部にまで届けること、
安定した効果を得ることができます。

なので、ニキビ治療に使うならビタミンC誘導体を配合させた
製品を選ぶことが大事です。

さらに、ビタミン剤を使うなら
ビタミンBがおススメ。
ビタミンBが不足すると皮脂の分泌のコントロールができなくなり
ニキビができやすい体質になってしまいます。
ビタミンBを摂取することで、皮脂の分泌を正常化できることと
ターンオーバーを正常にすることができるため、
ニキビだけでなくお肌の改善にもなります。

ビタミンCの副作用について
ビタミンCで副作用なんてあるの?
でも、ニキビの場合にはあるみたい。
というのも、こんな経験ありませんか。
ビタミンCを配合させたスキンケア商品を使ったらピリピリ痛みを感じた。
ってこと。
ニキビにはちょっぴり刺激的なんだよね。
高濃度でビタミンCが配合されているってことを実感できるけど
痛みが出ちゃうって。。。
刺激はニキビにもよくないので、ビタミンCが高濃度に配合されたもので
痛みを感じた場合には、低濃度のものを選んだ方がよさそうです。

さらに、ビタミンCを配合させたスキンケア商品を使いすぎるのもよくないといわれています。
というのも、もともとビタミンCは皮脂を抑える効果があるでしょ。
その効果から、お肌を乾燥させてしまう原因になるからです。
お肌の乾燥は、皮脂の過剰分泌につながります。
皮脂の過剰分泌によって更なるニキビの原因にもなりかねません。

じゃあ、どうすればいい?
ニキビを治すためには、ビタミンC誘導体を配合させたスキンケアを選ぶべき。
ただ、高濃度のものを常に使うというよりは低濃度のものを使った方がよさそうです。
刺激と乾燥を防いでニキビを撃退しましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>