摂食障害と便秘の関係について考えてみました!

私もダイエットは常にやっています。
まあ、それは頑張りが足らず、なかなか痩せられていないからなんですけどね。

痩せている方が綺麗。
モデルさんだって芸能人だって、まあ細くてきれい。
痩せている方が洋服だってなんでも似合うし。

こんな風潮だから現在摂食障害に悩む女性が急増しているといわれています。
ホトンドの人が、気が付かないうちに摂食障害という病気になっている場合があるそうですよ。
それは、一般人に限らず
華やかな舞台にたつモデルや芸能人だって。

摂食障害は心の病気だといわれていますが、
他にもさまざまな形で体に悪影響を及ぼす病気です。

摂食障害と便秘の関係について調べてみました。

摂食障害になると、とにかく食べて出す。
出ないからだす。
出さないと、気が済まない症状に駆られるようです。
体重が増えることを極度に拒否する結果、出すしかないということになるのでしょう。

無理やりにでも出そうとするので、指を突っ込んで嘔吐することもあれば、
便秘薬を使って無理やり出すことも多いです。
便秘薬を乱用することで、さらに便秘になるという悪循環が生まれます。
それが、摂食障害と便秘の関係でした。

摂食障害でなくても、便秘薬を使うという人は多いでしょう。
ただ、薬で出すことが慢性化してくると、腸が薬の作用になれちゃって
ちょっとした刺激くらいじゃでなくなります。
出なくなれば、薬を飲む回数を増やしたり、量を増やしたり。
どんどん加速することで、最終的にはどんなに薬を飲んでも
全く腸が動かない状態になるんです。
腸が全く動かなくなると、もはや自力で出すことは困難になってしまいます。
重度になると、治療が10年以上続くなど
回復まで根気よく続けなければいけません。

摂食障害は便秘だけでなくさまざまな障害を起こします。

摂食障害とは、過食と拒食があってそれぞれに合併症というものがありました。
過食症は、異常なほど食べて吐いて出す症状が主です。
過食した後、太ることが恐怖となり、後悔して無理やり吐きだします。
指を口の中に突っ込んで無理やり出すので、
過食症の場合、手の甲に吐きだこができたり、
胃酸の影響で食道が荒れたり、歯がボロボロになります。
また、ミネラルやビタミン不足から老廃物が体に蓄積し、
代謝が低下したり、内臓機能が低下させてしまいます。

拒食症の場合は食べることを拒否してしまうし、
食事をすると吐き出してしまうため、
体重が激減します。
そのため、生理不順になるだけじゃなく、生理が止まる場合も少なくありません。
とにかく栄養が足りない体になっている為
免疫力は落ちるし、骨粗鬆症や薄毛になったり、お肌もボロボロになります。

摂食障害は自力で治すのは難しいとされています。
クリニックなど医療機関に相談するなどして
早目に治療することが重要です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>